海外競馬入門企画

海外競馬入門企画

海外競馬をもっとわかりやすく

ろぜとくろうまさん、そしてゆたゆたさんが担当か。

もっと多くの日本の競馬ファンにもとっつきにくい

海外競馬をもっともっと楽しんでもらいたという企画。

コンセプトは「日本競馬と同じ目線で観るための基礎知識を知ろう」。

海外競馬に片足を突っ込んでいる人が考えているので「入門企画」が必要な方

とは遠く離れた視点から物事を考えている可能性があります。

ということで、ここに色々と話し合ったことを書きますので、いっぱい色々

提案してみて下さい。要望、文句、もうなんでも構いませんです。

いつ始動するのか

せめてゼンノロブロイのInternational S.には間に合わせたいです。

終了。

どういった形式にするのか?

ゆたゆたさんが質問をふって、ろぜが答えるという形か。

3人以上でもいいが、聞き取りにくくなるのが心配。

現在は未定。放送時間は一回10分以内を目安に。

どんな質問を取り上げるか?

これはもう、皆さんからのご意見にお任せします。

回答者が考えると、ろくな質問を作らない可能性大。

日本馬の遠征を追いかける

例.ゼンノロブロイ、メイショウボーラー

過去でもいいのならばシーザリオなど。

アイポッパーや森厩舎のお馬さんの豪州遠征が狙い目。

各国の生産頭数

少しマニアック気味かも。

世界の種牡馬の種付け料

ネタとしてはお金の話なので想像がつきやすそう。

各国の3冠路線って

アメリカ、欧州などが面白いかしら。

古馬(あるいは2歳限定)の有名なレースは?

WSRCを中心に。

押さえておきたい有名人(馬主編・調教師編・騎手編など)

オブライエンとかファロンとかそういうの。

クラシフィケーション

現在はランキングとかに名前変わっちゃったかな。

押さえておきたい繁殖馬

Highclere, Fall Aspenとか。

主要競馬場

各国の代表的な競馬場とその特徴を幾つか。

日本との馬券の違い

香港はネタにしやすそうですね。

用語集

furlongって何よ?

stoneとかpoundって何kgよ?

とか。


ということで、英語ブログと平行してこれから追加していきます。

ある程度ネタがたまったらGoサイン出しますか。

実際にどんな内容にしようねぇ。

某氏からは「世界の名馬とかやったらいいんじゃないか」というお話をいただきました。それは勿論使わせていただきます。それは人を惹きつける力がある。しかし、それだと私がやる必要はないのでは?と思う。保留にして色々考えてみますので、何かご意見をお願いします。やれと言われればやりますので、お気軽に☆

第一回のネタを考える(日本と世界との違い)

入りやすい話題から、を念頭に置くこと(自分自身に言い聞かせてる)。

芝メインのとことダートメインのとこの違い

説明するとしたら歴史的背景かなやっぱり。

どういった距離が最近はメジャーなの?

世界的趨勢として「長距離は微妙」とかそういうのか。

あとはチャンピオンディスタンスが2400mから徐々に2000mにシフトしつつある・・・割には2400mには結構根強い人気があること。当分は2400m中心でしょう。ダートは完全に2000m。

ハロンとメートル法の違い

長さが違う。そりゃそうだ。

ポンドとキログラム法の違い

計算しにくいだけ。あとイギリスではストーンをつかったりもする。

タイムの計測法の違い

実際の距離の何メートル手前から走り始める(アメリカは少し手前から走り始めて、スピードに乗った辺りで計測開始だったはず)とかそういうの。ロンシャンにの芝1400mは距離自体怪しいという噂とか。マニアック過ぎて私にもわかりません。

グループ制とグレード制の違い

どういった地域でどっちなのか、この意味の違いは何なのか、とか。私も知らんよ。

勝負服の色々とか

日本は帽子は枠で決まってるけど、そうじゃないとこも多いよとか。

鞭の制限があるところ

最近話題になったアレ。動物愛護団体のうるさい英・愛には規定がある。

バリミューチュエル方式とブックメーカー方式ってどんな違いよ

とか。

[トラセン] [ナビ] [Podcast] [クリップ] [英語ブログ] [用語辞典] [詰所]