senchou このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記は外部に公開されております。メンバーの公開、非公開は 参加者一覧ページ(参加者のみ閲覧可能)にて確認してください。グループモードにすると参加者のみに公開されます。

2006-01-31

なんとなく思いつき。 02:52

トラセントップページに宣伝スペースを作ってみる、なんてのは、いかがかと。

宣伝といっても、有料の広告とかではなく、誰かが何かを明示したい場合に、管理側が勝手に紹介する感じ。

コミュニティ系の募集でも良いし、注目ネタでもよいし、大ニュースがあればそれでも良いし。

んで

一週間くらいで自動的に消える、とか。

Movable typeの$MTEntries$は最近の7日分のエントリ、とか、出来るから、気軽に運用できるんじゃないかな、とか。


以前一時期注目キーワードなんてのを書いてたんだけど、それは、めんどくさくなって止めた経緯アリ。


それを踏まえて、今回は消える事前提。

次のネタが無ければ、一旦消滅。

もし、改めてネタが出現すれば、復活。みたいな



、、、、

というか、トラナビで外部サイトの紹介をすれば良いのかな。

トラックバック - http://tbcenter.g.hatena.ne.jp/senchou/20060131

2006-01-25

あめぼすきたる 22:52

というわけで技術に強い方登場。


トラセンに一体どのようなコンテンツが登場するのか。

こう御期待。

トラックバック - http://tbcenter.g.hatena.ne.jp/senchou/20060125

2006-01-17

ためし録音。 22:04

採用不採用はこれから決定。

http://tbce.org/podcast/mp3/ten_news_1.mp3

http://tbce.org/podcast/mp3/ten_news_2.mp3

トラックバック - http://tbcenter.g.hatena.ne.jp/senchou/20060117

2006-01-16

バキッとコピペ 23:44

Seabirdさん提供


WATERS COMPLETES BALLYDOYLE DOUBLE

 2004 年は壊滅的だったBallydoyleが、2000 Guineasを Footstepsinthesand で、1000 Guineasを Virginia Waters で勝ち、1942年以来となる、同一オーナー、同一調教師、同一騎手による1000・2000 Guineasの両制覇を成し遂げる。

What a Finish! Afleet Alex Nearly Falls, Wins Preakness

 Preakness S。4コーナーでディープインパクトの皐月賞のスタートよりも酷いと思う躓くアクシデントがありながらも、 Afleet Alex は立て直して4-3/4馬身差をつけて勝利。ホント、よく落ちなかったもんだ。レース映像:Afleet Alex averts disaster, wins Preakness

SUPER SHAMARDAL A PALACE JEWEL

 St James's Palace S。好スタートから Shamardal が逃げる。道中、そして直線に入っても先頭を走り続ける Shamardal は、残り3Fで後続を軽く突き放し、後は独走。最後方から追い込んだ Ad Valorem に3馬身差をつけて完勝。Prix du Jockey Clubから中8日にも関わらず、本気で追う後続にどんどん差をつけていくとは恐ろしい。もっと走る所を見たかったが、このレースの後、現役を引退した。

DUBAWI DELIGHT AS DIVINE FLOPS

 Prix Jacques le Marois。9戦9勝、Prix de Diane Hermes、Poule d'Essai des PoulichesなどG1は5勝の Divine Proportions 。Prix d'Ispahan、Queen Anne Sを連勝し、前哨戦のPrix Messidor (G3)も勝って万全の Valixir 。Irish 2000 Guineasを勝った Dubawi 。昨年のPrix Jacques le Maroisの勝ち馬で、Deauvilleの3つのG1を勝った Divine Proportions の半兄 Whipper 。そんな面子が出ると言うことで、レース前から「Race of the Year」と言われていた一戦。結果は、残り400mで Dubawi がペースメーカーを交わして先頭に立ち、そのまま押し切って Whipper に1-1/2馬身差をつけて勝った。3着 Valixir はもう上半期ほどの調子にはなかったようで、この後にこのレースを含めて3連敗する。4着 Divine Proportions はこのレースのすぐ後に現役を引退した。レース前の盛り上がりに比べたら少々呆気ない結果ではあったが、急逝した Dubai Millennium の1世代僅か70頭余の産駒から、親仔制覇を成し遂げる者が出た。

Diva retires after third Cup win

 Melbourne Cup。 Makybe Diva が前人未踏のMelbourne Cup三連覇を成し遂げて伝説となる。牝馬でありがならトップハンデの、そして昨年より2.5kg増えた58kgを背負っての史上初の三連覇。誰もケチはつけられない。

【スプリンターズS】(中山)~世界最速最強を証明!サイレントウィットネスが完勝でGI奪取

 これで1400m以下では18戦18勝。並大抵じゃない。マイルでも強いだろうが、スプリントでは更に強いと思う。香港に戻ってからは体調不良で休養しているが、元気になって、ヨーロッパやオーストラリアに是非とも行って欲しい。

【朝日杯FS】(中山)~横綱相撲で戴冠!2歳王者はフサイチリシャール

 クロフネが好きなんですよ、ええ。東スポ杯の呪い、マツクニタイマーと2つの憑きものが無いことを祈る。

Ghostzapper Retired With Sesamoid Injury

  Ghostzapper が左前の種子骨骨折で引退。今年はMetropolitan H (G1)のみの出走で、6-1/4馬身差で圧勝していた。昨年のBC Classicで破った Roses in May が今年のDubai World Cを、昨年のWoodward Sで破った Saint Liam がBC Classicを含めG1を4勝と活躍。 Ghostzapper の引退は非常に惜しかった。

Fee for Gaint's Causeway to $300,000; Fusaichi at $125,000; Stravinsky to Japan

  Giant's Causeway 産駒が猛威を振るう。ヨーロッパで Shamardal 、 Footstepsinthesand 、 Maids Causeway らで芝G1を5勝し、アメリカでは First Samurai がダートのG1を2勝。馬場を問わない活躍をし、10頭がステークスウィナーとなった。さらに驚くのは、僅か2世代しかデビューしていないのに、今年の種付け料が北米第2位の30万ドルに( Montjeu は約15万ドル)。それでも牝馬は集まるのだろうが、産駒はもう少し頑丈であって欲しい。

Walking on air

  Singspiel 産駒が大活躍。 Giant's Causeway ほどのインパクトではないけれど、2005年にステークスレースを勝ったのが18頭(内G1馬は3頭)も居る。誰もが認める一流種牡馬の「ステークスウィナーが100頭」という条件をたった1年で1/5を成したことになる。 Montjeu が初年度産駒から3頭のG1馬を輩出したことで Sadler's Wells の後継と見られているが、 Singspiel もなかなか侮れなさそうだ。

momdoさん提供

二人はプリクマ テイエムプリキュアが阪神ジュベナイルフィリーズ優勝

http://www.jra.go.jp/g1/hjf/race.html

天皇皇后両陛下の東京競馬場への行幸啓→レースはヘブンリーロマンス優勝でサーヤサイン馬券

http://www.jra.go.jp/info/0510/20051025-gyoukoukei.html

http://keiba.radionikkei.jp/news/20051030K39.html

新幹線新駅/工事協定25日締結へ JRAはいくら貢いだんだろ

http://mytown.asahi.com/shiga/news.php?k_id=26000000512220003

http://www.pref.shiga.jp/c/shinkansen/

シカと間違えサラブレッド誤射、3700万賠償命令 裁判所的サラブレッドの値段

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050421i413.htm

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1114095659/

シーキングザパール死亡 雷に打たれてということらしく。

http://www.brisnet.com/cgi-bin/static.cgi?page=journalframe&header=off

CR武豊 (ニューギン) 武って何?

http://www.pandora.nu/pachitan/take.html

netkeiba証券 ネット競馬の存在価値について

http://kabu.netkeiba.com/

米・競馬専門チャンネルTVGがJRAのレース中継を開始 JRAレーシングビューアーが役に立たない

http://racing.bloodhorse.com/viewstory.asp?id=29801

初のF1生中継、視聴率は10.3% 地上波もそのうちなくなるとか妄想

http://www.fujitv.co.jp/cs/f1/index2.html

広島銀行が選ぶ、「254人の馬券下手」の1名に選出されますた

http://f49.aaa.livedoor.jp/~kyuten/nucleus/?itemid=178

ゆたゆたさん提供


1、ディープインパクト三冠達成

史上6頭目の3歳牡馬クラシック3冠制覇をディープインパクトが達成。管理人が競馬を真剣に見始めてから初めての三冠馬。現地で見た菊花賞の異様な雰囲気は忘れられない体験となった。三冠の価値低下、古馬、海外への挑戦価値など色々3歳クラシック路線が含む課題は多いが、あの盛り上がりはやはり格別で「秋、3000m、三冠」というギミックはやはり捨てがたいなあ・・・。

2、シーザリオがアメリカンオークス制覇

アメリカでは若干レベルの落ちる芝G1とはいえ、3歳牝馬が春に遠征してキッチリ結果を出したのは偉業だ。とにかく内容も一方的な圧勝で、今の日本馬は相手関係、レース適性さえ間違えなければ(それが困難なのはわかっているが)これだけの力を発揮できるということを証明したのも大きい。

3、福永騎手が中央G15勝、海外でも1勝の大活躍

中央で109勝、G1も5勝と大活躍の福永騎手。技術面ではまだまだなところも多いが、とにかく精神面でタフになったことが如実にわかる大活躍。馬を信じて乗っていることが伝わったフェブラリーS、外枠にも戦略をもって挑んだ桜花賞、武豊に潰されかけ、スローペースで万事休すもとにかく腹を決めて乗ったオークス、海外で人気もキッチリ成果を出したアメリカンオークスなど印象的だった。今年もフサイチリシャールと共に活躍が期待される。

4、東京2400mのレコード破ってアルカセットがJC制覇

ある意味リアルに見ていない世代にとって、オグリキャップが伝説であった記念碑的存在であった東京芝2400のレコードを破ってアルカセットが優勝。これはなかなか感慨深かった。2005年はとにかく競馬の時代が動いているのを感じさせられた年といっていいのかも。海外馬1着、僅差で日本馬と同じパターン。その2着のハーツクライについては次に。

5、ハーツクライがディープインパクトを破って有馬記念優勝

JC2着だったハーツクライがディープインパクトを破って優勝。JCで伝説のレコードと同タイムでの2着だっただけに恥ずかしい競馬をして欲しくなかったが、まさか勝ちきってしまうとは。JCと有馬の結果がキッチリリンクしたことを考えても、この有馬記念はG1らしい結果。ウイジャボードがきっちり香港で勝ったことを考えても、ゼンノロブロイが今年勝てなかったのは単純に今年のほうがレベルが高かったという気もしないではない。とにかく今後も古馬の核としての活躍を期待したい。

6、ハットトリックが香港マイル制覇など角居調教師大活躍

シーザリオ、ハットトリック、カネヒキリなど角居調教師が大活躍。海外G12勝も見事だが、個人的にはカネヒキリの仕上げに結構しびれた。JCDは絶対お客さんだと思ったのだが。ハットトリックの春先の不調からの戻しもなかなかのもの。

7、サイレントウィットネスがスプリンターズS制覇

香港の最強馬が日本でその力を存分に発揮。その勝ちっぷりや見事というしかない。デュランダルの追い込みも見事でスプリント戦の面白さが詰まった一戦だった。

8、菊花賞馬ナリタトップロード死亡

ここ数年種牡馬の死亡ニュースが目立つ。まあ今までが長生きする馬が多すぎただけかもしれないが。それにしても99年クラシック3強は残るはオペだけ。しかも産駒は全然走っていない・・・。現役時代は中身が濃かったが引退後はどうしてこんなにアッサリしてるのか。

9、岡部騎手引退

イージーイージー。ついに引退。良くも悪くも日本の競馬を背負って作り上げた偉大な騎手の引退。

10、天皇皇后両陛下の行幸啓

2年越しということで。


しむろうさん提供 23:49

うおっこれは素晴らしい!まるでジオンの精神が形となったようだ!  (アナベル・ガトー)

10年に一頭の天才ディープインパクト登場!

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/10/post_12dc.html

JRAもここぞとばかり、商売してるし^^

戦いの中で、戦いを忘れた・・・ (ランバ・ラル)

名手・岡部騎手引退

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/03/post_2.html

俳優にはならなかったみたい・・・

見ておけ!戦いに敗れると言う事は・・こういうことだ!  (ランバ・ラル)

超良血トーセンダンス僅か1戦で引退

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/03/33500.html

引退後は、めでたく種牡馬に。

いい女になるのだな・・・ (シャア・アズナブル)

シーザリオ、米G1制覇

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/07/post_40d1.html

その前のオークスも強かった。その後の故障が残念。

圧倒的じゃないか!わが軍は・・・ (ギレン・ザビ)

角居厩舎絶好調

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/11/post_b01c.html

シーザリオ、ハットトリックで海外G1制覇。国内ではカネヒキリがダートチャンピオンの座に。

それでも男ですか、軟弱者! (セイラ・マス)

古馬中距離G1で牝馬が大活躍

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/06/post_5a7c.html

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/10/post_5521.html

ゼンノロブロイも並の名馬だった可能性大。

しかし! 私もニュータイプの筈だ! (シャア・アズナブル)

横山典騎手連続施行競走6連勝の新記録樹立

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/11/post_24d3.html

調子にのって、7連勝の掛かった最終レース、勝負したけどダメだった。

早い!早いよ! (カイ・シデン)

あの大レコードが遂に更新される

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/11/post_8654.html

デットーリは凄いなあ。

シャアは私の兄なんです (セイラ・マス)

スーパーホース達の全弟が、デビュー

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/12/post_0f9b.html

オンファイアにアグネスサージャンにキャプテンベガ。

新しい時代を創るのは老人ではない! (クワトロ・バジーナ)

新種牡馬台頭

http://kininaru-uma.air-nifty.com/sim/2005/12/fs_2c01.html

朝日杯ではサンデーサイレンスを抑え、1~3番人気が新種牡馬。

トラックバック - http://tbcenter.g.hatena.ne.jp/senchou/20060116

2006-01-09

スパムがねぇ 21:12

相当増えてきましたね。

対策しないとまずいんですが、さて、どうするかなぁ。。。。

例によってプラグイン利用かな、、、

トラックバック - http://tbcenter.g.hatena.ne.jp/senchou/20060109